3月の誕生石である「珊瑚」は昔から幸せの象徴として人々の生活に寄り添ってきました。
自然が生み出したその美しさの中には、神秘的な力が宿っていると昔から信じられています。
その美しさを良い状態で保っている珊瑚は、買取の際に高値が付くことが多いです。
保管方法や取り扱いに注意すれば艶やかで光沢のある状態をより長く楽しむことができるでしょう。
不明な点や買取に関して疑問点があるときは専門の業者に相談してみるのもいいと思います。

買取もされている3月の誕生石「珊瑚」

買取もされている3月の誕生石「珊瑚」 珊瑚の歴史はとても古く魔除けや装飾品として昔から人々に愛されてきました。
このサイトでは3月の誕生石にもなっている珊瑚の歴史や伝説、珊瑚のもつ不思議な力とその意味などについて幅広く紹介しています。
珊瑚はコーラルとも呼ばれ、3月の誕生石としても有名です。
石が持つ色によって意味が変わります。
赤は活力、行動力の象徴で健康を保ち運気を上げる効果があります。
また厄除けのお守りにも使われています。
ピンクは純愛や優しさの象徴で、恋愛運や潜在能力を高める効果があるといわれています。
白は純粋の象徴で幸せを呼び込む効果があるそうです。
自分の願いに合ったものを身近に置くことで運気が上がっていくことでしょう。
保存状態が美しく艶のあるものは買取の際に高い値段がつくこともあります。
使っていないものがあれば1度、専門の業者に相談してみることをおすすめします。

珊瑚に込められるメッセージ

珊瑚に込められるメッセージ 珊瑚、といえば青い海に広がる綺麗な光景を誰もが頭に浮かべるかと思います。
そんな海の宝石ですが、三月の誕生石として多くの人に親しまれています。
この宝石に込められたメッセージを説明していきます。
珊瑚にも多くの種類があり、ジュエリーとしても親しまれ買取も盛んですが、この誕生石のメッセージは大きくわけて二つあります。
一つは出産のお祝い石です。
さんご=産後という事から出産のお祝いとして贈られたりして親しまれています。
出産に縁起が良い事から贈られる事が多く、順調な出産とその産後の回復に力があるといわれています。
不妊予防や妊娠のお守りとしても知られている素敵な石なのです。
そして二つ目は、結婚35周年を祝ったものです。
こちらも語呂の良さ、35、さんご、というように言葉から来ていて結婚35周年を祝う目的で贈られる事が多いです。
こちらもまた良い意味で贈られるので珊瑚は素敵なものです。
このように古くから愛され、一般的になっていますが、乱獲や気象により希少なものになりつつあります。
もちろん高価なものではなくても手にする事は出来ますが、こういった知識を持った上でこの素敵な珊瑚を守る為にはどうすればいいのかについても考えてみる機会になるでしょう。

珊瑚買取関連リンク

珊瑚を高価で査定してくれるサイトです

珊瑚買取を頼む

新着情報

◎2018/6/19

サイト公開しました

◎2018/3/30

サイト公開しました